JOINED IN 2018CAREER

Engineer by
TAKUYA HORIO
面白いものづくりを通して
自分の可能性
もっと広げたい
前に勤めていた会社でも、ファブリックアーツの外注としてECサイトの構築など手がけていました。その際に、実験的な案件を依頼されることもあったので、「面白そうなものづくりをする会社だな」という印象を持っていました。

自分自身のステップアップのため、転職を考えるようになったときに、入りたいと思ったのがファブリックアーツ。この会社なら、今までの経験を生かしつつ、さらに自分の可能性を広げていけるんじゃないかと、意欲がかき立てられました。
生み育てていく経験によって
技術者としての
感性を磨く
以前からシステムの開発はやっていましたが、ここでは基幹となるようなシステムを一から作るプロジェクトも任され、プログラマーとしてとても刺激的な経験をさせてもらっています。

ファブリックアーツでは、さまざまなシステムやアプリの自社開発に取り組んでいるので、まず開発してリリースし、そして運用、アップデートと、自分が作ったものにトータルで関わっていけるのが嬉しいですね。自分が生み出したものを、育てていく経験をすることで、スキル面や知識面も磨かれることを実感しています。
求められるレベルを超えるため
チャレンジ
毎日を楽しもう
この会社に入って感じるようになったのは、「ユーザーとしての視点」の大切さ。一つのシステムでも、管理者が使う画面と一般ユーザーが使う画面がありますが、一貫して、使う人それぞれの立場や、どのように使うのかという道筋を想像して作ることが重要です。それによって、ストーリーのような、筋の通った使いやすいシステムになっていくんじゃないかと思います。

ファブリックアーツでは、常に高いレベルが求められています。決められた工数の中で、いかに求められているもの、またそれ以上のものを実現していくかという、チャレンジングな毎日を楽しんでいます。

MY PROJECT 担当プロジェクト

私がプロジェクトメンバーとして関わったプロジェクトをご紹介します

OTHER
INTERVIEW

他の先輩社員の声を見てみる