Fabric Arts
Recruit Movie 2017
RECRUITING
CONCEPT MOVIE
「Pepperの面接」
Twitter Facebook

WORK STYLE

あなたのライフイベントにあった働き方をしてみませんか?

当社ではライフスタイルに合わせて、また結婚や出産、介護などのライフイベントに応じて、働き方を選ぶことができます。
理想的なワークスタイルは、家族構成や個人の価値観によっても異なるもの。あなたなら、どれを選びますか。
※コアタイムを含めたフレックスタイム制度も利用できます。

詳しく見る

詳しく見る

詳しく見る

働き方診断

スペシャリスト志向「ワーク型」

とにかく仕事をバリバリしたい。
技術職やクリエイティブ職でスペシャリストを目指したい。そんな人には裁量労働制のこちら。

仕事を進める中で自分の未熟さを感じていたので、なるべく多くの経験を積みたいと思い、より長く仕事に取り組めるワーク型を選びました。とはいえ時間は限られているので、 効率良く仕事を進めるためにも優先順位を付け、細かくスケジュールを立てるようにしています。それにより作業スピードを向上させることができるようになったと思います。 自分の時間も確保できるようになったので、オン・オフともに充実しています。

仕事もプライベートも両立「バランス型」

仕事かプライベートか、どちらかを選ぶなんてできない!という人はこちら。
残業は月40時間以内だから、忙しい時間にはきちんと残業をこなしつつ、普段はプライベートも充実。

以前は帰宅しても寝るだけになることが多かったのですが、勉強をしたり、読書をしたり、自分自身を高めるために使える時間が欲しいと思ったので、バランス型を選びました。休日以外でも、社外の人と会って話をする時間が増えたので、前より視野も広がり、今までとは違う価値観を共有できるようになったと感じています。長年続けてきた和太鼓の練習も再開し、生活の楽しみが増えたことで、仕事への活力にもなっています。

育児や家族が最優先「ライフ型」

残業は基本的になし。育児や介護などと両立するために時短勤務という選択肢もあり。
子どもが小さいうちは「ライフ型」で、大きくなったら他の働き方に変更することも可能です。

子どもがまだ小学校低学年なので、迷わずライフ型を選択しました。
基本的に残業をしないため、仕事時間が限られています。
就業時間中は1秒でもムダにしたくないので、かなりの集中力で取り組んでいるせいか、1日があっという間に過ぎてしまいます。そして家に帰ったら頭を切り替えて、家族との時間。娘と一緒に料理をするのが、今はとても楽しいですね。でも子育てが落ち着いたら、またバリバリ働きたいと思っています。